オリ!ファイト

Author:オリ!ファイト

カウンター

カテゴリ

チーム関係者用

旧ホームページ     
レディース中学部     
アルバム     
対戦相手募集掲示板     
ホームページQA     
管理用マニュアル(PCのみ)     
ホームページ管理     
ディスカッション     

最近の記事

・オリオールズ年表 (02/22)
・08/03のツイートまとめ (08/04)
・ゲーミフィケーション (04/23)
・チームカレンダー (02/25)
・野球ノート(マインドマップ) (02/13)

最新コメント

オリ!ファイト:Re: Re: タイトルなし(2013年02月13日)     
 --野球ノート
ワタベ:返信遅れました(2012年12月24日)     
 --自分の言葉で伝えること
101:(2012年12月14日)     
 --自分の言葉で伝えること
ワタベ:女子野球普及、難しいですね(2012年08月21日)     
 --途絶えさせない女子野球
cyukiti:(2012年08月20日)     
 --途絶えさせない女子野球

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ツイートする


Twitter@orioles1973を見に行く

キーワード

試合速報 女子野球 金井グラウンド ホームグラウンド 本町田東小 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2018年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Blogランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
野球 ブログランキングへ

QRコード

QRコード

FC2チャット

FC2投票

投票所を見る

アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite エアコン直販センター サーバー・レンタルサーバー カウンター 予約宿名人 ブログ フォーム ホームページ 無料・レンタル・掲示板 FC2動画 FC2ブログランキング 国内格安航空券サイトe航空券.com 英会話スクールWILL Square マンツーマン英会話のWILL Square 父の日・ギフト・花束・母の日 健やか総本舗亀山堂 コロナ犬舎 12カ国語達人のバイリンガルマンガ 無添加化粧品の美杏香

 
        

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モチベーション

 野球に限らず、物事を上達させるには、モチベーションが必要である。
やらせてるよりも、自分から野球に取り組んだほうが上達する早さは全然違うものになる。

モチベーションには、やる気スイッチが必要であるが、このスイッチには、外発動機と内発動機がある

外発動機とは・・・
 外からの評価、刺激によりがんばるモチベーション
 
内発動機とは・・・
 野球が楽しい、やりたいと思うモチベーション


外発動機は、何かに取り掛かるための最初の動機となり、モチベーションはかなり高い
褒められて、もっと頑張ろうとか、友人の活躍に触発されて、行動を開始するときのモチベーションはかなり高いものだと思う
素振りやキャッチボールなどを平日に始めるかもしれない
ただ、この外発動機は、モチベーションが高い、急速に衰退していく
つまり、外発動機だけでは、モチベーションの維持が出来ない。三日坊主とは、これが原因である

モチベーションの維持には、内発動機が必要となってくる
指導する上で必要となるのが、高い外発動機を作り、そこから継続性のある内発動機にシフトチェンジさせるかが極めて重要である
内発動機で行動していれば、スランプなど失敗、挫折をしても、モチベーションを維持させやすい

内発動機を持たせるためには、憧れや楽しいという気持ちを持たせる、そのために自尊心、自信を満たせるような発表の場を与えてやると良いらしい
日々の努力が結果に結びつき、打球が捕れるようになる、打てるようになる。そんな結果が、自信に繋がり内発動機が持てるようになるのだと思う

たあ、結果が直ぐに出ないときに、自信を持たせるためには、どうしたら良いのだろう?
指導の仕方として、一番難しいところかもしれない

アメ(褒める)とムチ(叱る)の与え方に影響があるらしい
ある心理学の本に書いてあった内容で、ネズミに対して、T字でぶつかった時に左右どちらに行くのか実験した結果について説明していた

A.右に進むとアメ(エサ)があり、左へ進むと電気ショック
B.右に進むとアメ(エサ)があり、左に進むと何もない
C.右に進むと何も無いが、左に進むと電気ショック

この実験により、効果が発揮されたのは、「B.右に進むとアメ(エサ)があり、左に進むと何もない」という結果だったらしい
A.C.の結果は、ほとんど効果が無かった

間違えると電気ショックを受けたネズミは、この恐怖からスタート位置から一歩も動けず、ムチを恐れて行動する意欲そのものが奪われてしまったらしい
実験後に、これらのネズミを調べたところストレスで胃潰瘍になっていたらしい

この結果は、人間に於いても同様らしい
人を育てる上では、アメのみ与え、褒めて育てるのが有効ということかな

叱ることも効果的な場面は、あるようだが、「私のために叱ってくれているんだ」という気持ちを抱く
これは、本人にとっては、ムチではなくアメとしての効果があるようだ

では、どのように褒めたら良いのか?
褒めるポイントとして、相対評価、絶対評価、そして結果評価、プロセス評価というものがある

相対評価・・・
  チーム内の誰かと比較して、相対的な評価をする

絶対評価・・・
  本人の力だけを絶対的に評価する

結果評価・・・
  行動に対して出た結果だけを評価する

プロセス評価・・・
  結果に関係なく、その結果がでるまでの努力やプロセスを評価する

上記のうち、効果的なのが、絶対評価とプロセス評価と言われている
本人の成長を他者と関係なく評価し、その先の「伸びしろ」まで意識させるためにも、この2つの評価が良いらしい

特に、女性の場合には、効果的らしい
男の子に「お前がチームで一番」といえば、喜ぶが、女の子の場合は、自分自身を評価してほしい、自分の成長を褒められたい

褒めるときに、もうワンポイント付けて欲しいのが、「期待」です
「期待」されると知らず知らずのうちに当人が、それに応えようと努力し、いつの間にか「現実」に変わる。こんな現象をピグマリオン効果と呼ぶらしい
このピグマリオン効果で重要なのは、期待する側が本当に期待して接することです
つまり、見せかけだけの期待では、効果が出ないということです
ここで、以下の点に気をつけて期待すること

1.他の人よりもチャレンジングな問題を課す
2.なかなか答えが出なくても待ち続ける
3.間違いの中にもプラス点を探してあげる

これらは、相手に本気で期待することで、無意識のうちに望ましい教育的配慮がなされ、上記3点も自然と行動に出てくるようです






関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orioles.blog102.fc2.com/tb.php/126-3e0ee119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前へ  | HOME |  次へ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。