オリ!ファイト

Author:オリ!ファイト

カウンター

カテゴリ

チーム関係者用

旧ホームページ     
レディース中学部     
アルバム     
対戦相手募集掲示板     
ホームページQA     
管理用マニュアル(PCのみ)     
ホームページ管理     
ディスカッション     

最近の記事

・オリオールズ年表 (02/22)
・08/03のツイートまとめ (08/04)
・ゲーミフィケーション (04/23)
・チームカレンダー (02/25)
・野球ノート(マインドマップ) (02/13)

最新コメント

オリ!ファイト:Re: Re: タイトルなし(2013年02月13日)     
 --野球ノート
ワタベ:返信遅れました(2012年12月24日)     
 --自分の言葉で伝えること
101:(2012年12月14日)     
 --自分の言葉で伝えること
ワタベ:女子野球普及、難しいですね(2012年08月21日)     
 --途絶えさせない女子野球
cyukiti:(2012年08月20日)     
 --途絶えさせない女子野球

全記事(数)表示

全タイトルを表示

ツイートする


Twitter@orioles1973を見に行く

キーワード

試合速報 女子野球 金井グラウンド ホームグラウンド 本町田東小 

カレンダー

プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2018年09月 | 10月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示

Blogランキング

FC2Blog Ranking にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村
野球 ブログランキングへ

QRコード

QRコード

FC2チャット

FC2投票

投票所を見る

アフィリエイト

アフィリエイト・SEO対策 FC2レンタルサーバーLite エアコン直販センター サーバー・レンタルサーバー カウンター 予約宿名人 ブログ フォーム ホームページ 無料・レンタル・掲示板 FC2動画 FC2ブログランキング 国内格安航空券サイトe航空券.com 英会話スクールWILL Square マンツーマン英会話のWILL Square 父の日・ギフト・花束・母の日 健やか総本舗亀山堂 コロナ犬舎 12カ国語達人のバイリンガルマンガ 無添加化粧品の美杏香

 
        

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試合で必要なもの

試合て必要なものって何ですかね?
打ちまくる打線
手堅い守備
スキをつく走塁

どれも大事ですね
一番大事なのは、何でしょうか?
私の考えでは、試合を盛り上げるムードだと思います

エラーして、落ち込んだ選手に何て声をかけますか?
素早い牽制に、ビビってリードが小さくなった選手に何て言いますか?
そんなところから悪い雰囲気が作られてる気がします

失敗したら、誰でも、「やっちゃった」と思います
子供達でも思ってます
それを追い打ちかけるように怒ってませんか?
監督、指導者も人なんで、怒りたくなる時もあります
色んなシチュエーションを考え、作戦を考えサインを出す、そこで、想定外のことをされれば、イラッときますね
でも、想定外のことが起きるのが野球です
子供達に場面場面で、色々な事を想定して動きなさいと教えてると思います
指導者も、この子達が何をするのか想定しないといけないのでしょう?
自分の常識が当たり前と思ってませんか?
その当たり前の事を普段、子供達に教えてますか?
それで、嫌な雰囲気を作っては試合には勝てないでしょう
反省は、後でするとして、試合では雰囲気作りに徹底した方が良いです
打てるため、捕るためのアドバイスはOKです
セーフになると思って突っ込んできた子供がアウトになっても、そこでの判断力を評価してあげてください
点差によっては例えセーフになると思っても突っ込んでくるべきでは無いときもあります
でも、それは、普段の指導力不足と反省すべきです
試合後の反省会で、「あの場面では~」と一緒に考え、次に繋げる必要があります
さらには、その後の練習で、そこの反省点を練習に取り組んでますか?
多くの指導者は、言いっぱなしで満足感に浸ってませんか?
子供達は、本当に理解しているのでしょうか?
また、理解していても、試合で、すぐ発揮出来るのでしょうか?
とっさの判断を迫られたとき、同じ結果を招いてませんか?
「何度、言っても分からない」と思ってませんか?
それは、何度も何度も、同じ練習を繰り返すしかないと思います
上手くいけば、次のステップです
二兎追うものは一兎も得ずという言葉があるように、多くの事を教えても、限界があります
一つずつ丁寧に教え、習得出来たことを確認してください
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://orioles.blog102.fc2.com/tb.php/114-002cb2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«前へ  | HOME |  次へ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。